【未来の先生フォーラム2020特別プログラム】未来の先生フォーラム2020開催記念対談

未来の先生フォーラム2020開催を記念して、“before・with・afterコロナの学校教育”をテーマに工藤勇一氏(横浜創英中学・高等学校 校長)、出口治明氏(立命館アジア太平洋大学 学長)による記念対談が行われます。 

工藤 勇一 氏

横浜創英中学・高等学校 校長

山形県・東京都の公立中学校教諭、東京都等での教育委員会勤務や新宿区教育委員会指導課長などを経て、2014年千代田区立麴町中学校の校長に就任。2020年4月より現任校校長となる。現在、内閣官房教育再生実行会議委員や経済産業省「EdTech」委員などの公職も務める。

出口 治明 氏

立命館アジア太平洋大学 学長

京都大学法学部卒業後、同年日本生命保険相互会社入社。ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを歴任し2006年退職。東京大学総長室アドバイザーなどを経て、2008年ライフネット生命保険株式会社を開業し2012年に上場。社長、会長を10年間務める。 2018年1月、国際公募で選ばれ立命館アジア太平洋大学(APU)学長に就任。

実施時間

11月22日(日) 14:15〜15:15【講座】【録画なし】

企画概要

「未来の先生展2019からCOVID-19を経て社会と学校にあぶり出された本質とは?」
「日本社会・学校がどのように変わり、どのように未来を築いていくのか」

日本を代表するオピニオンリーダーのお二人が語ります。